読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美豆兎の備忘録

かばん作家を休業してベランダ猫の世話やカメラ、ウェブデザインや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

布博

上野公園

UHAI 鹿子木 美 個展

すごいな〜〜 すごいな〜〜

浅野 毅 写真展『海と森を繋ぐ』

数年前からの知り合いではあるが 彼の個展を観るのははじめて。 以前からFacebookによくアップされている モノクロ写真をみて 「いいなぁ~~いいなぁ~~」 と 眺めていた。 待ち望んでいた展示会。 浅野さんがちらっと写っています。 彼が間伐した杉の木…

カラヴァッジョ展。

すごかったよ、カラヴァッジョ。 生々しかった。 艶めかしかった。 決してこちらにその顔が向くことのないナルキッソスに 熱い恋慕の情を抱いたような嫉妬心を感じ、 女占い師は 「ほら、こうされると気持ちいいでしょ」 と あきらかに占っているようには見…

YUI GARDEN

♪し~らない~まぁ~あちを あるいて~み~たぁあい~~♫ どぉお~か~と~おぉく~へ ゆぅ~きぃたあい~♪ by 永六輔 作詞 中村八大 作曲の「遠くへ行きたい」 といううことで 行ってまいりました。 北沢夕芸×北沢あつこ二人展 innocent island 1Fは 木立の…

TOKYO DESIGN WEEK 2015

行ってきました TOKYO DESIGN WEEK 2015。 とても大きなイベントです。 しかもすんごい 混んでたー!!! 住まいの提案。会場の中にスケルトンの一軒家。 海外からのアーティスト作品。他多数。 不動産会社が提案する1LDK。 そのミニチュア。 せまい日本の住…

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

とっても混んでいました 相変わらず大人気のモネ展。 並ぶの大嫌いな道産子ではありますが 北海道に住んでいたときは 一番近い北海道立近代美術館で 片道146キロ。 電車で2時間半。 「door to door」ですと3時間以上。 行けなくもありませんが、往復6時間は…

奥野ビル。

前の日は スザンヌさんがバイト先にいらして お昼のランチを一緒にとりながら 「銀座うとうと」での展示会に お誘いいただいた。 彼女の作品展に 美豆兎も少しだけ 参加させて頂くことになりました。 ちょっとだけ。 早速 何を作ろうか考えていた休日の朝 放…

引き続き お手渡し。

オーダーいただいたクラッチバッグを 本日お手渡し。 久しぶりに和服美女とのデート。 幾何学文様の藤色の絽の着物に 臙脂の帯揚げ、 アンティーク調の黒帯を銀座結びに 桃色の帯締めに 可愛らしいフランス菊の帯留めが 目を楽しませます。 極渋の葡萄色の足…

PUPPE展。

銀座ゆう画廊の階段横ギャラリー。 イラストレーター&クラフトアーティスト 鹿子木美(かのこぎみま)さんのPUPPE展に 行ってきました。 この小さな空間に PUPPE独自の世界観が広がっています。 昆虫がテーマとなった今回の作品の中 堂々とした存在感を放つ …

木梨憲武展とバルテュス展

先にこちらの「バルテュス展」を観に行ったのだけど 性に目覚め始めた 少女達のエロチックさが 印象的で たぶん、観に来ていた方たちも 挑発的なこの作品を楽しみに 来られたと思われる。 性に目覚め始めたことを 少女はある意味むとんちゃくで 描かれている…

かないくん展ー死ぬとどうなるの。

どうなるんでしょう。 行ってみました。 松本さんの漫画は 高校生の頃読んだ 大友 克洋「童夢」の線を思い出す。 つぶされて死んで 「かえるに生まれかわる」とは はるくん 10さい シュールだ。 死は 叔父を思い出す。 そして まえの連れ合いのことを思いだ…

ある作品。

手の中におさまる ちいさな 猫こけし。 小さいくせに 存在感があります。 作家さんの 気持ちが入っている作品。 もっと見せてください。

11年目のまこである。出版記念写真展

夫に勧められて 「まこという名の不思議顔の猫」 というブログを読み出してから 幾年月。 根強いまこ人気に 今回 第四弾目のブログ本 出版記念写真展。 まこちゃんを探せ。 うちも 飯田さんで ヒトハタあげるかな。 (ヒトん家のネコだけど) (ハエ プ~ン…

ギャラリーボビンにて 「ミラーエンジェル展」

今日は ギャラリーボビン「ミラーエンジェル展」 観に行ってきました 「鹿子木 美」作のキツネの質感がなんともよかったですよ~。 ぬいぐるみオルゴール。 羊のぬいぐるみストラップ、ボディが何で出来ているのか スゴく気持ちよくて、ぽよぽよ触ってきまし…

ギャラリーをはしごして歩く。そして帰りはいつもの呑み。

今日は友人のイラストレーター お三方がそれぞれ たまたま銀座周辺で展示会をされておりました。 こちらは銀座ゆう画廊。 イラストレーター 澤田 賢:「流水」 最近、庭で飼わざるおえなくなった 子猫達のための手づくりの小屋をイラストで見せてもらった。 …

デザフェス その2。

デザフェス つづきます。 センザンコウ。 こちらは革を使って珍しい動物ばかり 制作している 「あまのじゃくとへそまがり」 一応 日常使いも出来るように あまり入らない小物入れが付き しかも チンコに鍵をぶら下げられる というシュールさ満載のキーホルダ…

デザインフェスタ。

本日はデザインフェスタ2日目。 友人の「家鴨窯(あひるがま)」さんのブースへ 遊びに行きました with家人。 事前に家鴨窯さんから 「カメラがーちゃん いまっせ、奥さん」 と、 カメラが趣味の家人にむけた 密かなセールスがありました。 *カメラがーちゃ…

いとより 展 ふたたび。

こんばんは いとーです。 まだ 携帯無いもんね。 へーきだもんね。 へーきだもんね(2度言う) そんなことより いとより展 必殺のチラ見せ光線。 うざいって。 「いとより 展」 ・着物リデザイン 伊東 磨里子 ・sunao 河本 静香 ・ブローチ 玉野 綾子 ・美豆…

いとより展。

こんばんは、イトーです。 まだ携帯の無い生活をしております。 よくひとから 「我慢強いね~」 と 言われません。 なぜ? うふ❤ 必殺チラ見せ作戦。 「いとより 展」 *糸を縒ってより強くする から 4人が集まって最高の展示会になるようにと 思いを込めて…

家鴨窯の展示会『掌寝子を手のひらに』

東日暮里の「ねこまる茶房」さん 四畳半ギャラリーにて 『掌寝子を手のひらに』展 見に行ってきました。 小さいギャラリーなので お客さんが3人も入ると満杯。 家人と伺ったときも まさに満杯状態だったので さきに茶房さんのほうで ランチタイムにしました…

アントニオ ロペス展

友人に誘われて行ってみた。 大変良かったので つい図録まで購入。 ©Kenji Tajiri お昼に食べたランチ撮影は 写真家の友人に任せてしまった。 〼Bunkamura http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_lopez/content.html

デザインフェスタへ。

今まで知りませんでしたが 4階にライブペイントスペースがあったのね! 見応えあります。 こちらは 「OYA SIDE STORY」 中年のおじさんたちが 「ウエストサイドストーリー」になっていて かっこいい! 一押しでした。 家鴨窯さんにお邪魔して 可愛いなぁ。 …

「SICF14 展」 青山スパイラルにて。

友人の 稲葉 弘恵さんと 佐佐木 實さんの展示があったので 家人と二人で観に行って参りました。 稲葉さんには 最近の美豆兎の展示会で 空間構成のデザインをお願いしています。 「さすが!」とため息の出るような 稲葉ワールド。 狭いブースを効果的に使った…

フランシスベーコン展、牛尾 卓巳展。

美術展とギャラリーの はしごしてしてきました。 東京国立近代美術館 「フランシス・ベーコン展」 3/8~5/26 牛尾さんは友達の友達と言うことで HPでも 彼の作品を見せていただいておりましたが これはきっと只者では無い、 と以前から展示会を楽しみにして…

ゆう画廊 BOY MEETS GIRL

友人の鹿子木 美(かのこぎみま)さんと 澤田 賢さんことサワケンさんの展示を見に行こうと 銀座ゆう画廊へ。 (家人撮影) みまさんの作品は 相変わらず ほのぼのと暖かい作風で ハートの羊(結構大きな作品です)が 優しくて可愛いらしいのです。 サワケン…

エスパス ルイ・ヴィトン東京

今日は表参道のルイ・ヴィトンビルにやって参りました。 普段はイトーには全く縁の無い 老舗おブランド。 ルイヴィトンの入り口は 敷居(しきい)が1メートル近くあり とっても入りづらい(精神的なやつね) なんなんだっ! この威圧感は!。 ここで心拍数上…

小嶋三樹 写真展「New Zealand」

小嶋三樹 写真展 「New Zealand Portfolio & New Zealand・ひかりといのち」 6/23(土)~7/1(日) 11:00~18:30 DMを見ただけで すごいオーラが出てる。 東山魁夷の絵を思い出す。 実物が見たい。

草間 彌生 永遠の永遠の永遠。

5月1日 この日は 「オサレなブランチをしたい」 から始まり 近くに埼玉近代美術館がある流れで 草間 彌生 「永遠の永遠の永遠」と 相変わらず 計画性無しの我ら夫婦。 撮影OKの画像を ざざっと載せます。 まずは巨大風船人形 やよいちゃん。 題「水玉とわた…

山種美術館 「”桜 さくら”~美術館でお花見」

同じバッグ作家をしている 友人のDさんと 山種美術館へ。 先日の「和の装い展」のときより空いていて 見やすい。 千住 博さんの ”夜桜” 惹き込まれました。 夜桜って見る者に妖しく映って あれは確実に何か宿していますね、 私はそう思います。 ここでは「お…