美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

ぱぱっと作る、夏のごはん。

埼玉は夏に向けて 暑さが徐々に増して来ています。

食事の支度に我が家の台所は煮炊きの上で熱気がこもり

作っているうちに暑さで こちらの食欲が落ちることもあります。

出来るだけ火を使わず、労力も最小限に抑え

ある日の夏バテ対策エコ料理をお教えいたします。

またの名を『ながら料理』

まずはお肉もさっぱりと食べられる 鶏ゆず胡椒。

鍋にお湯を沸かし 茹だった中へ

トリの胸肉(半分に切る)、料理酒、ネギの青いところを入れ

再度沸騰して来たら蓋をして 火を止めて放置。

こちらの放置時間は30分もあれば大丈夫だと思います。

夏は青南蛮の醤油漬け。

小口切りにして、油をしいたフライパンで炒めます。

しなっとして火が通ったら 

貯蔵ビンなどに入れ 上から醤油をかけます。

(一晩置くと味がなじんで美味しくなります。でも私はすぐ食べます。)

食欲の無い時に ご飯の上に乗せて食べたり

納豆に混ぜたりします。

日持ちがするので 青南蛮が出回る時期に大量に作って冷蔵庫へ。

ぴりーっとくる辛さが堪りません。

そして我が家の定番、夏はキュウリの中華酢漬け。

キュウリは洗って 3~4センチにざくざく切り

包丁の平の下にキュウリを置いて 上からたたいてヒビ(又は割る)をいれます。

キュウリをボウルに入れ 塩をひとさじ振りいれ

ざっくり混ぜて放置します。

そして豆サラダ。

豆サラダ用の豆に、スライスしたタマネギ

油をきったシーチキン、これらに

レモン汁(ポッカなど)、塩を振りマヨネーズを少量かけ混ぜます。

マヨネーズはほんの少量でも風味が付きますので

マヨラーの家人はそれとはわからず満足しています。

あまり火を使わずに汁物も作ります。

もう一つの鍋にお湯を沸かし 茹だったら

そうめんを入れ 再度沸騰したら

蓋をして 火を止めて放置。

好みの硬さになったらざるにあげて 冷水で洗います。

鶏肉を鍋から引き上げ、薄切りにして(このとき5~6枚取り分けます)

上からゆず胡椒をかけます。

鶏の煮汁は捨てずにとっておきます。

先程塩をまぶして放置したきゅうり。

水が出て来たら水を捨て

お酢、砂糖、塩(加減をみて)、鷹のツメを混ぜて

最後にごま油を回しかける。

こちらも日持ちがするので

保存ビンに大量に漬け込んでおきます。

鶏の入っていた煮汁に麺つゆを入れ火にかけます。

器にそうめんを入れ こちらの汁を回しかけ

刻みネギ、先程の取り分けた鶏肉を乗せて完成。

こちらにご飯を付けて。

慣れていればざっと30分で作れます。

ゆで卵、茹で野菜などは 沸騰後に火を止め蓋をしておくだけで

火が通ります。

それぞれ通常火にかける時間にプラスαの時間で

麺でも鶏肉でも火が通りますので、

ガス代(または電気代)の

かなりの節約になりますのでお試し下さい。

ちなみにゆで卵は12分です。