美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

傷ついた針板を修復してみる。

傷ついた針板を注文している間

縫製がストップしてしまい

大変困っている。

重ねた革などを縫うと やはり糸が切れてしまいます。

そうだ!

キズの部分をヤスリでキレイにしてみよう

と 前夜、布団の中で思い立つ。

ダイヤモンドシャープナー。

工具やはさみを研ぐ為に持っています。

一番右側のシャープナーでこすってみようと思います。

傷のついた針板。

細いシャープナーでも針穴までは通りません。

なので 針穴まわりの引っかかる所を優しくこすってみました。

仕上げに針板にシリコンスプレーをかけてみる。

試し縫いはOK。

とりあえずこちらでだましだまし

縫って行く事にします。