美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

針と糸の関係と針板のキズの直し方。

その後、ブログを御覧になった大戸糸店さんさんから

またまたお電話でご指導頂きました。

(ミシン博士と呼ばれていらっしゃいました)

まず針板のキズの直し方からですが

布ヤスリを3mm程に裂いて

クルリンと細長い紐状にし

針板の穴に通して

下に砂が落ちるまでこする

のだそうです。

布ヤスリ 買ってきます。

前回の注文時に菱針のみお願いしておりましたが

今回はやはり同じサイズの丸針(厚物でしたら16号がよいでしょうとのこと)

と 裏地(シャンブレーなど)

の縫製用に14号を注文いたしました。

糸は普段キングスパンの30番か

ビニモの30番を使っておりますが

いずれ、20番の太めの糸を使いたいので

こちらも相談。

糸が20番でも針はやはり16番で

下糸を30番にした方が

ミシンには具合がよいそうです。

中学生からの親友で

クチュリエールM嬢が

『太い糸を使うときは上糸締めてね』

お二方とも

いろいろ教えて下さいまして

ありがとうございました。

針板到着。

厚物用針板と書かれておりました。

左が届いたもの。

右のものより穴が一回り大きくなりました。