美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

刃先を整えてみる~革砥

これから何枚も帆布を裁断する予定。

布の裁断にカッターナイフを使っておりますが

すぐに切れなくなり 刃先をポキンポキンと何度も

折る事になります。

あっという間に刃を使い切ります。

そこで先日 革の問屋さんで購入した『革砥』

板に革の床面(ざらざらした裏面)を貼付けただけのものなので

自分でも作れそうです。

こちらの床面に「青棒」とか「グリーンルージュ」「ルージュスティック」

などと呼ばれる研磨剤(同梱されていました)を

ゴシゴシとしっかりこすりつけます。

そこへカッターの刃先の面部分を革面にしっかりとあて

引きます。

引きます。

引きます。

裏の刃も同じように。

切れ味が戻ります。

ついでに突きのみも。

道具が使いやすいと

作業も楽しくなります。

そして 4時間かけて裁断は終了。