美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

さいたまスーパーアリーナ骨董アンティークフェア

11月10日に行ってきた『さいたまスーパーアリーナ骨董アンティークフェア』

の分、今日やっとアップ。

お正月に使うのが楽しみな大皿。

藍のきれいな色を探して購入。

お猪口針山に4個だけ。

帯です。

銀鼠の帯はシックなバッグになりそうで楽しみです。

昔の日石のマークが入った半纏。

ずっしり重くて 極厚な木綿です。

こちらは大物トートバッグにしようかな。

手前3枚がガーゼで奥3枚が木綿。

木綿は好きな風合いを探すが なかなか見つからない。

見つけた所は高かったけど仕方が無い。

と 購入。

昔の織物や反物は、

紡いだ糸を染めから織りへと人の手でこなし

1枚の反物に変える。

人の手に渡りながら丁寧に作られ完成した反物は

何度も形を変え

何度も水をくぐって日に当たり

色は抜け古色という色が増し

布さえ熟成する。

味わいと呼ぶのか

おもむきというのか。

眺めるばかりでてんではかどらない。