美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

"La beaute japonaise" OPEN!

本日開催!

これからお世話になる『nagayashop mitta』さんに

待ち合わせの14時に行ってみたらば

既にディスプレイがなされておりました。

手直しなんて あり得ない。

そこはやはり プロです。

その名も”ひょうたん”巾着。

・アザミ柄の涼しげな浴衣布。

 中は『裏優り』とも言える エメラルドグリーン色地の帆船模様(正絹)。

・流水に白鷺(アンティーク 錦紗ちりめん地)

 夏の柄の代表格とも言える組み合わせ。

 

*ゆるりとした夏の布地に 柔らかめのレザーをマチに使い

 異色の組み合わせだけど 違和感の無い仕上がりになりました。

 

キモノX革 のDSケース(メンズも近日展示予定です)

もちろん小物入れにもどうぞ。

・中はキルト芯(綿)を入れておりますので

 精密機器にも優しいケース。

*メンズライン、同タイプのデジカメケースを近日展示予定です。

美豆兎のメンズアイテム。

正絹丸帯X革 のミニボストンバッグと信玄袋。

・アンティークの重厚な丸帯(最上級の帯です)を全面にして

 あとは タンニン鞣しの革で 小さめのボストンに仕上げました。

 背面ポケットと中にも 2つポケットあり。

*イメージは 和装。

 ハンチングにミニボストン。

・レトロな浴衣を解いて 柔らかな革と組み合わせの信玄袋。

 男性に、またはハンサムな女性にも。

ご存知!

美豆兎ではヒット定番商品の『SAKE BAG(酒バッグ)』

一升瓶が横に楽々入ります。

今はワインボトルが入っています。

ボトルが入っても 型くずれ無しの丈夫さ。

mittaさんのブログでも 美豆兎フェアーの様子を

続々アップしてくださっています。

ぜひご覧ください。

mizuusagi presents

"La beaute japonaise"  (※日本の美、という意味のフランス語です)

【期間】

2010.5.12(wed)-6.27(sun)まで15:00-21:00

月・火はお休み

【場所】

nagaya shop 「mitta」

       http://mittattim.exblog.jp/

〒151-0051

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-13-7 長屋の左