美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

キモノ 着たい着たい熱。

久しぶりに襦袢に半襟を付けてみます。

もう 着る気満々です。

半襟の付け方は うろ覚えですが。。

5月とはいえ 30度もあった昨日の事を考えると。。。

半襟は 麻の絽にしてしまおう。

と。

襦袢も麻の紗です。

とにかく暑いのは駄目な埼玉県在住の道産子です。

見逃して下さい。

注:本来5月はまだ袷の季節。。麻の襦袢に絽の半襟なんて7~8月の真夏仕様なんです!

  決まり事の多い、着物の世界。。。

  

そんな訳で うろ覚えの半襟付けを。。

まずは襟芯を入れて 

襟芯を襟のきわ ぎりぎりにして

余った半襟のところをざくざく縫って。

(後から気に入った半襟をかぶせるので ざくざく の所は見えません)

そして付ける予定の半襟 端1cm折ってぶつぶつと仮縫い。

ざく縫い後の半襟背中心に この度付ける半襟の中心と中心を合わせて 

かぶせた半襟を 縫う方向に引っ張りながらすくい縫っていく。

これは カーブの部分がすっきりするため。

衣紋は目立つため 縫い目の細かくすくい縫いに。

背中心に『衣紋抜き』を縫い付けてから

今度は外側を縫って行きます。

半襟がきちんと添うように 軽くひっぱりながら。

私のは自己流ですが

他にも半襟の付け方はありますので ネットで検索してみて

自分に合った楽な方法を探すのも ありです。