読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美豆兎の備忘録

かばん作家を休業してベランダ猫の世話やカメラ、ウェブデザインや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

英国王のスピーチ 観てきた(6/2のお話)

映画・音楽・本

これはTwitterにも書かせてもらいましたが(6/2)

鳳凰バッグのモスグリーンの革を

うちの革漉き器 西山君で漉いていたら

漉いた部分がまるでティッシュのように

裂けてしまうことが判明。

ははは。

今までの苦労が水の泡。

パニックを起こしそうな自分の頭を冷ますべく

すべてをうっちゃって

現実逃避に映画館へ。

ムービックスさいたまでの放映も残すところあと2日の

英国王のスピーチ

アカデミー賞作品賞受賞!主要4部門独占!!すごいね!

吃音障害に悩む 優しく傷つきやすい皇太子が

吃音を克服し 英国王ジョージ六世になるまでの姿を描いた傑作。

いまこの落ち込んだ私の心を

癒してくれそうなにおいがする。

ストーリーや脇を固める俳優陣も素晴らしい この作品。

もちろんアカデミー賞主演男優賞を獲得した

コリン ファースの演技力。

吃音障害のつらさ、残酷さを

リアル体感させられた感じでした。

最後に静かにわき上がる感動。

実際の話とはいえ 

そこはエンターテイメント。

すっかりよい気分になり 大変満足。

ティッシュのような革のバッグは

壊れてもいいから自分用にして使っていこう。

ジョージ六世は 吃音症を克服したのだから。

そんな訳のわからない理由をこじつけることもできました。

ありがとう ジョージ。