美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

鎌倉にて。

「そうだ 名月院のあじさいを見よう」

JR東日本のCMのように

いざ家人と鎌倉へ。

大宮から古都鎌倉までは

湘南新宿ライン1本行ける 一時間半くらいの行程です。

まずは北鎌倉駅を降りてすぐの 円覚寺に。

佇まいのよい境内で ここだけでも満たされる

気持ちがいい場所。

のんびり散策したい、 が

実は 朝から何も食べずに歩き回って

超腹ぺこ状態。

食べログで調べた

看板猫が居るという 「ギャラリーネスト」を探して

あちらこちら。

人がすれ違うのがやっとの狭い路地を歩く。

ところが着いたらなんと定休日。

いつもながら詰めが甘いよ 私たち。

「次!次!」と切り替えて

その後 北鎌倉で有名な?「去来庵」へ。

出てきたのはサラダと あっさりした味のビーフシチューと

かなり美味しめのトーストでございました。

ビーフシチューはゴロゴロと柔らかい牛肉が入っていましたが

味は特に可もなく不可もなく。

私ビーフシチューにはちょっとうるさい方ですの。ほほほ。

でも庭を望める この歴史ある古い建屋の中で

つかの間の静かな時間を過ごせたのは

大変満足。

そして名月院 別名あじさい寺へ。

部屋の奥が丸窓になっていて

外の景色が絵画のように眺めを楽しめる。

最高の贅沢です。

竹林って 非現実的な気持ちにさせる

私にとって不思議な植物です。

あじさいは土の性質で ブルーやピンクに色調が

濃くなり薄くなりするそうですが

名月院のあじさいは深みをもった青が特色

名月ブルーと称されるそうです。

でも 時期がはずれているのか

それほどではなく ちょいと残念。

その後は鎌倉駅に向かって

安倍晴明神社をチラ見し、

閻魔様がおわす 円応寺を拝観。

お堂の中は閻魔様を中心に

恐ろしいお顔の地獄の使者たちが勢揃い。

つね日頃 色即是空空即是色

一日一善、腹八分目を

心がけている後ろ暗いところのない私でさえ

この中にいると 

皆さんからなにかを 

かなり叱られているような気分。

退散。

その後は鶴岡八幡宮で 社会科見学や

観光客や 修学旅行生などの方たちに混じり

ぶらぶらしながら鎌倉駅へ。

全行程 7キロ。

がんばった。

(あれ、なんか違う)