美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

美豆兎カフェ。

お題は何とも優雅だが

妹いわく

『例えるなら 女工で搾取で野麦峠のようだ」

先日の銀座ゆう画廊での展示のおかげで

バッグのオーダーに繋がり 

なのに土曜の納品に間に合わなさそうで焦る(汗

せっぱ詰まってきて店主。

火曜は妹、水曜は友人に助っ人を頼み

厄介で厄介な(2回言う)

コバ磨きに徹してもらいました。

コバ磨きって時間掛かるクセに 

地味で非効率的な作業なんです。

『こんな原始的な道具しかないの?(布と木の棒)

ちゃちゃっと出来る専用の機械って無いの?』

知りません。

すいません。

そんなのあったら あなた達に頼みません。

ただ来てもらうのも悪いので

クッキーとパウンドケーキ等作っておいて

ランチはパスタ。

コーヒーや紅茶を入れつつ

時々休んでもらいながら

サービス満点の美豆兎カフェ サムタイム開店。

タダ働きですのでこれくらいはしないと。

二人とも初めてのコバ磨きに悪戦苦闘。

ただひたすら磨く数時間

で 上記のようなぼやきが聞こえてきたのでした。

簡単そうに見えて難しっしょ(姉・北海道弁

もちろん売り物のバッグですから

せっかく一所懸命磨いているとはいえ

見える所には使いません。

二人が分からない事をよい事に底革を磨かせる。

(うっうっ すまん二人)

その間 半纏の布を使ったショルダーをまとめる。

このショルダーは大変手間がかかりました。

藍染めが強く残っているデッドストック品で

5回洗いにかけ、酢を2瓶使って1晩付け置き

翌日また2度洗いかけてアイロン。

これでだいぶ色移りしなくなるはず。

オーダーくださったのは女性なので

着るお洋服が薄い色の時もあるはず。

色移りなんかしたら 申し訳ない。

そしてショルダー持ち手を縫い付けた

のまでは良かったのですが

肩にかけると 

なんだか たすきを掛けたような カッコ悪さ。

持ち手に使った帆布8号が固くて

体に添わない。

どうしよ~!

持ち手を外したら縫い目が残る。

どーしよー!!気になるよー!!

えぇーい!ここまできたら作り直しだー!(シクシク)

続きはまた 明日。

コバプロの仕事 持ち手。

女工妹が買ってきてくれた私を癒す生花。