美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

カバンの修復。

前回の展示会でお知り合いになった

JIROさん、のお気に入りのカバン。

一枚革のカバンなのですが

一枚の革の中にも 革質の良いところと

あまり良くないところが混在しております。

使う革の向きによっても 伸びてしまいますが

この場合は 持ち手根元あたりに 

たまたま当たってしまったようです。

持ち手左側だけ 革が伸びてきてます。

左右 計ってみたら 左7ミリ伸びていました。

まずは伸びた革を少しでも戻そうと

革の裏から水をスプレー。

(シミにならないか 目立たないところで試してから)

ドライヤーで乾かして 革を縮める作戦。

コレを何度か繰り返し

5ミリ縮めました。

様子を見ながら慎重にやらないと

革が堅くなったり 劣化します。

が 私は大丈夫。

革を洗濯機で洗ったことがあります。

(なぜ? 自信満々)

実際使い続けていると どうしても伸びてきてしまうので

どのように伸びを抑えるか 

悩んで時間がかかりました。

伸ばさずに かつ デザインも考えて。

我が工房には無い ハトメサイズだったので

工具と金具を注文。

ピッタリの色目の糸を注文。

なんか これも気になるんだよなぁ・・・シミ。

他の作業しながら

糸の到着待ち。