美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

「 009 RE:CYBORG 」

こちらは 石ノ森章太郎生誕75周年記念

 

f:id:mizuusagi2004:20170801092312j:plain

 

 

 

サイボーグ009 大好きなんです。

 

 

009は9人にそれぞれ特殊な能力があって

 

その能力を活かしつつ

 

全員で力を合わせ悪をやっつける。

 

でも 決してお安い ヒーロー的なものではなく

 

平和にために戦いながらも

 

時に人からうとまれ 戦いに傷つき

 

自分達の存在意義に疑問を持ちながら

 

それでも 正義のために戦う。

 

そんな9人の物語なのです。

 

 

 

 

 

 

 

「誰がために」

 

吹きすさぶ風がよく似合う

 

9人の戦鬼と人のいう

 

だが我々は愛のため

 

戦い忘れた人のため

 

涙で渡る血の大河

 

夢見て走る死の荒野

 

サイボーグ戦士 誰がために戦う

 

サイボーグ戦士 誰がために戦う

 

 

 

作詞 石ノ森章太郎 作曲 平尾昌晃 歌 成田賢

 

 

 

 

 

 

悲哀を含むこの主題歌は

 

子供心に切なく響きました。

 

 

 

が 今回のこれは なんといってよいのやら。

 

 

 

敵がテロリストではなくて

 

神さまでしたか?

 

しっくりこないなぁ。

 

 

 

先ほど カッコいいことをぬかしましたが

 

正直 どかーんと

 

皆さんの戦いっぷりを観たかった!!

 

 

 

島村ジョーお決まりの加速装置や

 

ハッカー並の検索能力を身につけたフランソワとか

 

私の好きな アルベルト・ハインリヒとか

 

所々楽しめましたが

 

全員勢揃いするシーンはなく

 

しかも ピュンマはほとんど能力すら発揮せず

 

グレート ブリテンはちょい役。

 

不完全燃焼ぎみ。

 

 

 

でも そばで観ていた女子中学生が

 

劇中 涙を流し

 

帰りには

 

「すごい良かったよね~」

 

と 隣のお友達に話しているのを聞いて

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

結論。

 

私はもう

 

アニメという年齢ではございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、負けない。

 

(誰に?)