美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

大晦日は映画のような思い出を作らなければ高校生ではない。

体調がイマイチだったので

 

つい 忘れていたが

 

今年のお正月の出来事。

 

 

 

だけど、まずは一昨年にさかのぼる。

 

 

 

一昨年の暮れ 大晦日

 

「友達と遊んでくる」と出掛けた息子は

 

誘われたのか、誘ったのか

 

先輩や友人達と

 

お台場にくり出した。

 

 

 

そして、初日の出を浴びながら

 

ギャラリーの見守る中

 

お台場の海へダイブ。

 

 

 

 

 

 

 

冬の海は冷たかったろうが

 

濡れねずみの状態で帰宅。

 

 

 

翌日から熱を出し

 

冬休みいっぱい寝込んでいたという

 

残念な過去を持っている。

 

 

 

過去記事1

 

過去記事2

 

 

 

これを読むと、冬休みいっぱいどころか

 

学校が始まっても 休んでるね。

 

 

 

 

そして 去年の暮れ

 

「今年はお台場、ダメだよ。

 

ダイブはやめなさいよ」

 

と 釘を刺しておいた。

 

 

 

 

 

「懲りたよ。

 

今年は大丈夫。

 

大宮にいるから」

 

 

 

一応 ホッとしました。

 

T.Kに限っては 油断は禁物だけど

 

大宮には海ないし。

 

取りあえず 地元だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦二人で大晦日を過ごし

 

元日は

 

お正月映画は「ゼログラビティ」

 

 

観てきた。

 

 

 

 

夕方、映画館から戻ると

 

息子が帰って来ている頃なのに

 

家の電気が消えている。

 

 

 

 

また、遊びに行ったのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げっそりと 

 

やつれた息子が帰って来た。

 

 

 

 

(|||´Д`)

 

 

 

 

顔に三本線入っている人

 

初めて見たよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訳を聞いてみると

 

また お台場に行ったそうな。

 

しかも チャリで。

 

 

 

 

 

小学校からの悪友たちと

 

ノリと勢いでやっちゃったらしいが

 

お台場の 何がそんなに

 

彼らを惹き付けるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きは揚々と(想像出来るが)

 

帰りは

 

一言も口を聞かなかったらしい。

 

往復 12時間の旅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スタンド バイ ミー」 か、

 

キミらは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅を終えた 息子は

 

いつまでも

 

コンコンと眠りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

たまたま見つけた動画。

 

子供はみんな アドベンチャー