美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

バッグの補修。

以前 革の伸びたカバンの補修をした。

 

前回補修した時の記事。

 

http://blog.mizuusagi.com/?eid=894687

 

 

伸びたところを濡らして

 

ドライヤーで乾かして縮め

 

のび防止にステッチ。

 

更に裏地を付けた。

 

 

 

同じ方から

 

今回はこちらのカバン。

 

カバンのうら(床革)がケバだって

 

中の物に付くのだそう。

 

 

 

 

以前のカバンと同じブランド。

 

とてもいい革を使っているし

 

デザインもステキ。

 

そのまま

 

本来の良さを活かそう。

 

 

 

まずは 金具など全部外す。

 

 

 

 

裏を見るとたしかに

 

ケバ立ちがある。

 

 

 

 

CMCをはけで塗り

 

ガラス板で磨きます。

 

 

 

 

こんな感じでツヤが出る。

 

 

 

 

持ち手の縫い目もほどいて

 

同じように塗って磨く。

 

f:id:mizuusagi2004:20171010095348j:plain

 

右は磨いたもの。

 

 

かなり違うのが

 

分かるでしょうか。

 

 

 

今日はここまで。