読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美豆兎の備忘録

かばん作家を休業してベランダ猫の世話やカメラ、ウェブデザインや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

キモノ鞄や 美豆兎は引っ越し&リニューアルしました。

「キモノ鞄や美豆兎」は名前を

「美豆兎」 と改め

http://mizuusagi2004.wix.com/home

こちらにお引っ越しいたしました。

今までのアドレスはそのまま残し(http://mizuusagi.com)

帆布と革のカジュアルバッグショップ

「ITO SEIKO KABAN」

としてオープン。

ブックマークの登録、変更などお手数かけますが

どうぞよろしくお願いいたします。

<ITO SEIKO KABANが生まれたわけ>

自宅で本格的にカバンを制作し始めた 5年前

必要にかられて作った 作業用バッグが始まり。

初期の”SAKE KABAN”

現在は定番のTool Box Bag(以前のSAKE KABAN:SAKE KABANのネーミングは 

一升瓶を横にして入るサイズからきている)は

我が家でカバン制作をするため

必要にかられて作ったバッグで

この中には常に 

カッター、ハサミ、目打ち、定規、ペン

ローラー、ペンチ、ラジオペンチ、クイキリ

計算機、針と糸、色鉛筆、カラーペン、ボンドなど

入っています。

入っている様子。カオス。

住まいのマンションは

部屋がそれぞれせまく

独立した作りなので

制作の作業も

それぞれの部屋へ移動して行うことになり

中央の部屋

リビングに置いてある ダイニングテーブルで

型紙を制作、または革を裁断し

玄関そばの工房で ミシンがけをし

カシメやホックを打ち

奥の寝室にある バキューム式アイロン台で

布地や形を整える。

そのたびに、カッターが!定規が!目打ちがない!

と 工房まで道具を取りに行くこともしばしば。

大変 時間のロス。

なので 部屋から部屋へ

渡り歩くときに

このバッグを持ち歩いています。

必要な道具が入ったこのカバンがあれば

どこでも工房と変わらない作業ができる。

このバッグを試しに 

ネットショップや展示会に出したところ

はんこ屋さんやジュエリー作家、 

編み物をされている方、書道家さんなど

お仕事や作業用にご購入いただけることが

わかり 定番商品として

毎年制作しています。

こちらのBuyer's(バイヤーズ)も

もともと

完成した作品のカバンを入れて運ぶためと

素材の仕入れに出掛ける時

たっぷり入る

大容量のトートバッグとして

自分用に制作したカバンでした。

行く先々で(と言えば大げさ)

このカバンに目を留めてくださった方々から

ご注文を頂くようになり

こちらも定番に。

Buyer'sの弟分。常識的な大きさにしましたw

昨年鵠沼海岸にある collection KUGUIさんにて

帆布だけのかばん展をさせて頂き

まずまずの反響をいただいたことがきっかけで

帆布と革のカジュアルラインを

模索してきました。

ブランド名も悩みましたが

KUGUIさんでの展示会で付けた

「いとうせいこ かばん展」

の 「いとうせいこかばん」を

そのまま使うことにしました。

カッコイイ、そしてスマート。

機能的で使いやすい

大人の帆布カバンをテーマに

制作して行きますので

これから どうぞ宜しくお願いいたします。