美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

かないくん展ー死ぬとどうなるの。

 

 

 

 

どうなるんでしょう。

 

行ってみました。

 

 

 

松本さんの漫画は

 

高校生の頃読んだ

 

大友 克洋「童夢」の線を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶされて死んで

 

「かえるに生まれかわる」とは

 

はるくん 10さい シュールだ。

 

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171010095348j:plain

 

 

 

 

死は 叔父を思い出す。

 

そして まえの連れ合いのことを思いだす。

 

 

 

 

「死んだら 無だよ。」

 

 

 

 

叔父はそう言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

死後の世界は

 

なんとなく 楽しみでもある。

 

最後のピクニックのように。

 

 

 

 

 

 

何がまっているんだろう。

 

それとも 叔父のいうように

 

無なんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かないくん展

 

死ぬとどうなるの。「ほぼ日」の死と生の展覧会

 

松本大洋さんが2年の年月をかけて描いた絵本

 

『かないくん』の原画とラフスケッチ、

 

未公開の「本番とは別バージョン」の絵の展示を中心に、

 

「死ぬとどうなるの」をテーマにした展覧会。

 

 

公式ホームページ:http://www.1101.com/kanaikunten/