美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

今日の断捨離。

少しずつ、いらない物を捨てて行こう。

 

よけいなものを目にすると、落ち着かない

 

集中出来ない。

 

 

 

まずアレをこっちに移動して、

 

ソレは捨てて、

 

じゃ、コレはどこへ入れよう。

 

 

 

で、とうとう押し入れの奥深くに寝かせてあった

 

聖域の段ボール、

 

 

「バイクもの、大切」

 

 

と書かれた箱を開けた。

 

 

 

中からは、タンクバッグや革グローブ

 

当時着ていた

 

革のライダースーツ、

 

ブルゾンだけでも5本出てきた。

 

 

 

懐かしいなぁ・・・

 

 

 

今日は昼から自宅にいた息子に

 

ブルゾンやトレーナーを広げ

 

ひとしきり 自慢話。

 

 

 

母「このHRC着たときにさぁスピード出しすぎてさぁww~・・・」

 

息子「はぁ・・・・ん」

 

 

 

面倒くさそうに相づちを打つムスコ。

 

 

 

色々と思い出しているうち

 

(やっぱ捨てられないなぁ・・・)

 

とか

 

(免許取り直したらまた着るかもしれないし・・・)

 

など、考え込んでしまう。

 

 

 

初めて買ったマシン YAMAHA FZR250(当時19才)の

 

カウルカラーと合わせて買った 

 

革のジャケットを見ているうち

 

ムラムラと着たい欲望にかられる。

 

 

息子がシャワーに入ったその時

 

今だ!とばかりに 腕を通してみた。

 

 

着づらい。

 

大変 着づらい。

 

 

いざ着ようとすると

 

なんだかめちゃちっさい。

 

 

(いやいや、それほど体重は増えていないぞ

 

増えていないと思うぞ)

 

 

うんしょうんしょと

 

腕をうしろにうしろの方に曲げて

 

なんとかジャケットの肩口から袖に向けて

 

腕をねじ入れて

 

ちからわざで

 

着てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のファスナーは閉められそうにない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像していたこととちがう

 

現実にあぜんとする間もなく

 

異変が起きた。

 

 

 

うでが、肩がぁ、なんだか血が止まってきた~~~

 

やばい~~やばい~~

 

ジンジンしてくる~~なんかいたい~~

 

うでもげそう~~~

 

 

急いで脱ごうとした。

 

もがいた。

 

変な体のかたちもしてみた。

 

 

 

革ジャンは体にピッタリ張り付き

 

どうじでもぬげない~~

 

 

 

シャワーをあびている息子に

 

 

「たすけて~~~!」

 

 

と 脱ぐのを手伝ってもらった。

 

 

 

その時息子は す@@ん@んではあったが

 

快く 助けてくれた。

 

 

 

爆笑しながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか、思っていたより大きくなっていたのだな、

 

ワタシ。

 

 

「着るかも~・・・」

 

 

なんてかなりずぅずぅしかったなw

 

 

息子を爆笑させただけで 今日は満足だよ。

 

 

と、やはり捨てずに

 

 

今は息子の部屋に掛けてある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

Facebookにのせた記事でしたが

 

後日 いろんなコメントいただきました。

 

そしてある方から

 

 

「ずっと読んできて、結局これは、

 

聖子さんが脂肪を断捨離する

 

決心をするっていうお話ですか?。(^_^;)」

 

 

と 頂きました。

 

 

えっ、あっ、そういえばどういうことになるんでしょう。

 

そうそう。

 

もう着られないのだから、全て捨てる。

 

でも、赤いのだけは

 

思い出としてとっておく。

 

そして脂肪は現状維持。