美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

猛獣使いになるなら己に素質があるかどうか吟味しなくてはならない。

ペットを飼えない 賃貸マンションのわが家。

 

 

 

 

夫はむかし 

 

かしこくてやさしい セキセイインコを飼っていた。

 

 

 

 

私はむかし 

 

恐ろしく凶悪な ペルシャ猫を飼っていた。

 

 

 

 

セキセイインコと夫は

 

その性格に似つかわしい

 

穏やかで愉しい日々を過ごしたようだ。

 

 

 

 

わたしの場合は違う。

 

初めて飼ったペットとの思い出は

 

忘れてしまいたい 

 

黒歴史のひとつとなっている。

 

(実際いままで 忘れていた)

 

 

 

 

けっしてなつかず 大変キレやすく

 

こちらが気付かずうっかり近づくと 

 

眉間と鼻にしわを寄せて

 

体を大きくふくらませ

 

 

「シャアア!!」

 

 

などと威嚇してくる。

 

 

 

 

 

当時暮らしていたのは

 

逃げ場の少ないワンルーム

 

 

 

 

台所に立つ時

 

とくに エサをねこ皿によそう時や

 

ネコトイレのそうじ中に

 

一番ねらわれやすい。

 

(なぜだろう)

 

 

 

「ウ~ウ~」不気味なうなり声のなか

 

緊張しながらの作業。

 

背中にビリビリと殺気をかんじる。

 

 

 

だがたまに こちらが油断すると

 

首筋、または足の腱に

 

めがけて突然 飛びかかってくる。

 

 

 

 

ライオンが狩りをするときと一緒だ。

 

自分より大きな獲物を引き倒すとき

 

捕食者はつねに急所をねらってくる。

 

子供の頃「野生の王国」で学んだ。

 

 

 

甘噛みなどではない。

 

本気がみ。

 

 

 

こちらも「うわ!!」と逃げたり

 

手ではらうなど

 

反撃もくわだてたりしつつ

 

おびえて暮らす日々が続いていた。

 

 

 

名前を付けたときは

 

まだ可愛い子猫だったので

 

「ミュウ」と 名付けたのだが

 

その後 狂猫と化し

 

あそびに来た友人たちは陰で

 

 

ノロイ

 

 

と よんでいた。

 

(参照 「ガンバの冒険」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時期は別だが

 

母もやはり 「ニャー」と鳴かずに

 

「シャアアッ!!」と威嚇する

 

底意地の悪い 真っ白で巨大な ケダモノ ペルシャを飼っていた。

 

 

 

 

ネコなのに サイズは中型犬並み。

 

それだけでも気味悪いのだが

 

怒ると毛を逆立て さらに巨大化する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこうも

 

ペルシャは凶暴化するのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

われわれが飼ったペルシャたちは

 

その後 不思議とおなじ運命をたどっている。

 

 

 

 

 

わたしのミュウは北海道

 

時期は別だが

 

母のひらめ(巨大なペルシャ)は埼玉の

 

それぞれ農家に引き取られ

 

枯れ葉やゴミをくっつけて

 

ネズミを追いかけ いつしか野生化し

 

毛の長い子供をたくさん産み

 

その波瀾万丈な猫生を閉じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、うちら

 

飼いきれなかってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凶悪なペルシャ猫でこりごりした

 

私たち母娘は

 

その後

 

猫を飼うことをきっぱりとやめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットにたいして

 

あたたかな ひだまりのような思い出しか持っていない夫。

 

 

すずめの餌付けに成功。

 

 

 

 

 

わたしが気を利かして

 

米粒と一緒に 

 

自分の酒のつまみのアーモンドを

 

のせいておいた。

 

潰してからきれいに 並べたのは夫。

 

 

 

外出から帰って来たら

 

何か気に入らなかったのか

 

アーモンドだけ

 

ベランダ中に散らばっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはそもそも

 

動物を飼うことに

 

向いていないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして平成生まれの諸君、

 

これが ミュウノロイ」 だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャアア!」

 

これはもう ペットじゃない。