美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

広島 尾道へ。

久しぶりに 一人旅。

 

と言っても、

 

イラストレーターの友人宅へあそびに行くのだけどね。

 

JRで大宮から東京駅へ。

 

 

 

久しぶりの新幹線。

 

途中 名古屋ではいかにもってな感じの

 

看板発見。

 

 

 

東京駅から岡山乗り換えで新尾道駅

 

 

 

 

 

着いて早速、サービス精神旺盛な友人は

 

駅まで迎えに来たその足で

 

スーツケースは

 

車に載せたまま

 

尾道案内をはじめた。

 

ちょっと面食らった。

 

普通は 長旅のあとは

 

ご自宅でマッタリと思うのは私だけか。

 

 

 

4~5時間の旅は 長旅に入らないのか。

 

スペインで暮らしていたことのある

 

ひとまわり年上の彼女の方が

 

バイタリティがあるということか。

 

そういえば 広島⇔東京間をやすやすと

 

行き来して活動しているアーティストの友人がいる。

 

アーティストとなまくら主婦(わたし)では

 

スタミナが違うのか。

 

いろんな意味で負けてる気がした。

 

 

 

古い建物が 時々現れる。

 

 

 

猫もよく見かけます。

 

 

 

細い路地を見上げると お寺。

 

 

ここは 古い銭湯を改装して

 

カフェになっているようです。

 

 

尾道帆布カバンのお店に置いてあった

 

古い機織り機。

 

 

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171010095348j:plain

 

 

 

船の帆に使われているのが

 

もともとの尾道帆布

 

最近は「尾道帆布」ブランドとして

 

カバンを中心に特産品となっている。

 

 

 

 

その後

 

彼女のご主人の工房にお邪魔したり

 

(版画作家さんです)

 

地元のスーパーでお買い物したりして

 

お住まいへ向かう。

 

 

 

 

坂を登ると大きなお宅が多いのだけど

 

門の外はこんな細い道。

 

スクーターが1台通ればやっとの道路。

 

 

段々畑の上に家を建て

 

あぜ道がそのまま生活道路になったそう。