読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美豆兎の備忘録

かばん作家を休業してベランダ猫の世話やカメラ、ウェブデザインや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

とりあえず若いうちはなんでもしてみようと思っている。

昨年 年の瀬近し12月のある日

友人と銀座の小料理屋で

いい感じの歓談&飲み会やってきたのですね。

楽しかったし、美味しかったし

久々笑ったわ~

いや~~楽しかった楽しかった。

なんて、いい気分のほろ酔い加減で帰宅。

玄関開けたらなんと!

息子が金髪になっていましたぁぁ!!

ちょっとやそっとじゃ驚かない母親に

まだこんなリーサルウェポン 持っとったか、キミ。

「何やっとんじゃ!」って

自分のキンパツは棚に上げて

ランボー 2回目降臨。

「ガッデム!!」

あなた、明日は学校でしたよ。

生活指導からの親呼び出し回数

学校初 2ケタ記録

母を突入させる気ですかぁぁ!!

親子でキンパツなのに

キンパツの母親に触れずに

どうやって先生方

「キンパツダメ」的な説教できるとお思いに?

あはあは

はははは~。

しかもですよ、お金が無いとかで

母親からいい感じでお金引き出してきたアナタが

金髪にするお金はあるですか?

そうでしたか。

いちど氏になさい。

となりました。

翌日の終業式は

黒スプレーなるもので

金髪が完全に隠れるように万編なく

しつこくスプレーし

学校に送り出し

「髪に絶対さわるな。

目立たないように今日はとにかく大人しく

先生と一対一になることは極力避け、

とっとと帰ってくること」

を厳命。

無事帰宅。

それからシャンプーでゴシゴシ洗って

母の朝の努力をすっかり洗い流し

つくづく息子を眺め

金髪とはいえ

母のようなモダンとゆうか

シックさのかけらの無い

やたらパンチだけ効いてる

ヤンキーゴールドにイライラしていると

「金髪にすると母さん喜ぶと思ったのにぃ、

驚かせてやろうと思ったのにぃ ┐(´ー`)┌ヤレヤレ」

と言われ

(「ヤレヤレ」 じゃねぇ。)

「あら~

アンタもキンパツにしたんだぁ~あは~♪

似合ってる似合ってるぅ~

これでうちら親子は正真正銘の

ゴールデンコンビだね~♪」

って言う親いますか?

あんたの中の母親像に

アタシはとても

ショッキングですよ。

でも、してしまったもんはしょうがない。

私の影響と考えれば、

もともと私が悪いのかもしれないし、

私が悪いのに息子のせいにはできないし。

しばらく放置することに。

それからいく日もたたないある日

ムスコから おかしな電話がかかってきた。

息子:「俺に買おうと思ってるクリスマスプレゼント、

   俺に買わなくていいからT子に(彼女の名前)

   買ってやってくんね?」

息子:「どーせオレに買うんだろ。

   

   買うならオレはいいから彼女に。

   

   オレのかわいい彼女に!

   

   彼女にクリスマスプレゼントを!!

みたいな寝言を言ってました。

一蹴した。

アタシを

ナメんな。

そして、お金の無い金髪少年は、美しい彼女にクリスマスプレゼントを買ってやることもできず、外食で美味しいものを食べさせることもできないので、母親にクリスマスの手作りディナーを用意させ、家に母親がいるのでイチャつくこともできず、こんなんじゃ枯れた冬休みを過ごすことになると察したのか、割のいいバイトの面接しまくるも、落ちまくり、やっとオノレの金髪の弊害に気づき(当たり前ですよ。誰が太陽みたいな頭を雇うでしょう)しょうがないので今まで派遣でお世話になったブラック企業で、過酷労働、働けど働けど我が暮らし楽にならずじっと手を見る搾取の甘く無い現実とともに、笑える話題を母に提供し続けています。

こんなどうしようもない

ムスコネタが炸裂しております

「ミズウサギノビボウロク」ですが

今年もよろしくお願いいたします。

で、後日

銀座の某美容室で、

髪染めながらこんな話をしたところ

カラースタイリストのHさん

(お店で『神』と呼ばれている)

が、ムスコの写メ見て

「抜き方が(ブリーチ)あっまぁ~い!俺ならきっちり抜く(キリッ!)」

と、イヤイヤ

ムスコ、まだ、高校生ですから。

神に髪の色抜かれたら

卒業できませんから。

信頼寄せてるメインスタイリストのAさん

「キャハ~♪それもいいねぇ♪」

無邪気に言われても

彼ら半端ないレベルで活躍されているトップスタイリスト。

こんな高給取ってるプロに親子で囲まれたら

私のバイト代なんて、吹けば飛ぶよな薄給ですから。

寄ってたかって

勘弁してください。

そう思いつつ

卒業できるかどうか

まだまだ油断出来ない日々を過ごしている。