美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

大人のバンブークラッチバッグ。

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171015130651j:plain

 

いぶしたようなシブい光沢のゴールドレザー。

 

 

 

 

 

 

そろそろ寒くなってきて クラッチバッグは手が冷えそう

 

と言われそうですが

 

革の手袋をつけ 

 

颯爽と街を歩く 貴女を想像しながら制作しています。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

カナリアフォトスタジオ10周年記念企画 カナリア市

f:id:mizuusagi2004:20171014230507j:plain

 

 

カナリアフォトスタジオ10周年企画 カナリア市に
美豆兎も出展します。

秋冬モノの「バンブークラッチバッグ」やドクロのワッペンがクールな「髑髏バッグ」

かわいい「男児ブリーフペンケース」「タコのキーホルダー」など面白いものも用意します

 

普段お手にとってご覧いただけない作品を
この機会にぜひご高覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

日時 12月9日(土)12:00〜18:00
場所 東京都文京区小石川2丁目5-7佐佐木ビルB棟2F

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171015130751j:plain

*WorkShop*工房でわいわい作る♪がま口ポーチ

 

f:id:mizuusagi2004:20171014132428j:plain

 

f:id:mizuusagi2004:20171014132431j:plain

 

f:id:mizuusagi2004:20171014132437j:plain

口金のカラーは4色。ゴールド、シルバー、ブラックメタリック、アンティーク。

 

f:id:mizuusagi2004:20171014132453j:plain

表生地の一例。

 

 
■横幅約15センチのがま口でつくるポーチ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
お化粧ポーチやお札をたたんでお財布としても♪
オーソドックスながま口です★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
■日時 2017年 10月24日(火) 13:00〜16:00
■場所 美豆兎工房
    最寄り駅:浦和駅 (京浜東北線宇都宮線高崎線
         武蔵浦和駅 (武蔵野線埼京線) 
         それぞれの駅から徒歩15分
■参加費 5000円(材料費込み)
■定員 4名 残り2名となりました。
■お持ちいただくもの 普段お使いの裁縫道具。(裁ちばさみ、針、糸、チャコペン、まち針、クリップ、           ハサミ、定規、目打ち)
           あれば口金入れペンチ(工房で不足しています(;・∀・))
           こちらでご購入頂けます(参考までに)

shop.towanny.com

          
がま口の生地(表や裏)はお好きな生地をお持ちいただいても結構です。
*生地サイズは30cmx25cm(裏地も同じだけ)必要です。
*こちらでも生地を多数用意してあります。
*職業用ミシンを使います。(プロの使い方を伝授します)
 ミシンに不慣れな方は手縫いで制作しましょう♪

保存保存

配色イメージスケール

Twitter  さんを

 

フォローしているのですが

 

今回の投稿は

 

f:id:mizuusagi2004:20171010083541j:plain

 

「お洋服の配色のルール」 でした。

 

配色イメージスケールともいうらしのだけれど

 

 

 

これ 便利じゃ〜〜ん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と 思いました。

 

 

 

以上。

ヨガワーク。呼吸。

 

 

あらためて 「呼吸ってたいせつだなぁ」と感じましたので

 

久しぶりのヨガ記事です。

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171009101453j:plain

(イメージ画像です)

 

 

ヨガに通ってきているTさんが そろそろ4ヶ月経ち

 

アーサナ(ポーズ)に慣れてきたので

 

「今日は呼吸を意識してみよう」

 

と 呼吸の「吸う」より 「吐く」を長めに意識し

 

お互い 呼吸を合わせて行ってみました。

 

 

ー 呼吸を意識するとどうなる ー

 

呼吸 って ふだんはあまり意識していませんが

 

うれしい、たのしい のポジティブな感情のときは

 

深い呼吸をしています。

 

また

 

悲しい ツラい などのネガティブな感情のときには

 

(ネガティブといっても悪いことではありません。

たまには泣いてみるのも心の浄化になります)

 

浅い呼吸をしがちです。

 

 

 

そして

 

悲しいから泣く ではなくて

 

泣くから悲しくなる。

 

笑顔を作るだけで 嬉しい気持ちになる など

 

体の起こしたアクションで 人の心も変わるので

 

呼吸によって 気持ちもコントロールでき

 

 

 

また 深い呼吸をすることで 血液中の酸素が増え

 

新鮮な血液が体中をめぐり

 

細胞の新陳代謝が活発になり

 

体の不要な老廃物の排出を促します。

 

 

 

自律神経を整え デトックス効果がある。

 

そんな感じです。

 

 

 

このようなことを言葉にしてアーサナをしていると

 

より 自分の意識がそこに向かい

 

効果があがります。 

 

Tさんに教えているようで 自分にも効果も上がる

 

一石二鳥方式。

 

 

 

 

この日は初めての体験があったので個人メモ。

 

アーサナを一通り終わってから シャバ(屍のポーズ)で

 

休んでいたときのこと

 

体は床についているのに 意識がふわ〜と

 

体から10センチくらい上にあるような感じで

 

体の重さや痛みや疲れといったものから開放されて

 

なんともよい心もち。

 

半覚醒のような意識は時計を見て

 

「あと2~3分したらTさんを起こそう」

 

など 思っているのだけど

 

10センチの浮遊感覚は起き上がるまで。

 

ん〜〜気持ちよかった。

 

 

 

ひとりではたまにしかヨガをやらない

 

ポンコツヨガ指導者なので(笑) 

 

ヨガサークルとして楽しく一緒にお付き合いください

 

と ヨガを習いたい方に無料で教えています。

 

今は定員に達していますが 彼女たちが卒業したら

 

また 募集しようと思います。

 

 

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171009103042j:plain

(イメージ画像ですw)

 

 

 

 

 

ドクロのレザーワッペン。

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171008134605j:plain

死と生 グスタフ クリムト

 

 

レザーでドクロワッペンを作ろう!

 

突然思いついたので「THE MENTALIST」観ながら

 

(聞きながら)制作。

 

 

ワッペンのモデルはクリムトが描いた数あるドクロの中からえらんだ

 

「死と生」

 

クリムトはゴールドの使い手ですが

 

私は クリムトの紫が好きです。

 

 

過去にも何点か 髑髏文の帯とレザーのコンビで

 

バッグを制作していて 髑髏はお気に入りのアイテム。

 

(髑髏文の帯はなかなか手に入らない素材)

 

f:id:mizuusagi2004:20171008180649j:plain

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171008180705j:plain

PHOTO:下村 しのぶ

 

 

 

 

 

西洋では死の象徴である 骸骨も日本では

 

「死んだら再生するのみ」

 

「怖いものは怖いもので征する」

 

「骨々(コツコツ)働いて 骨々(コツコツ)貯める」

 

など 楽しい洒落も含めて縁起文として 大切にされています。

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171009111242j:plain

 

 

ゴールドバージョンと、ホワイトバージョン。

 

ブラックも出来上がったら このワッペンに合うハンドバッグ

 

作ろう。

 

 

 

 

--------------------------------------------------

 

f:id:mizuusagi2004:20171008183228j:plain

 「メンタリスト」

 

数々の殺人事件を解決するのだが

不快に感じない程度の軽い切り口ですすむ

ストーリ運びと

主人公のユーモアと饒舌なやりとりのおかげで

殺人事件といえど重くなく楽しめるドラマです。

(シーズン7まで5回くらい観ています)

保存保存

ブタさんのバッグ。

上手い!

 

リアリティのある豚でありながら 美しささえ感じる

 

バッグ(ポシェット)のデザインとしても成功していて(エラそうに言うな)

 

ある意味 ユーモアと美しさを兼ね備えた 

 

一粒で2度美味しいバッグ。

 

 

 

f:id:mizuusagi2004:20171007130333j:plain

 

 

 

こちらのサイトから転用しています。

http://pink-slug.tumblr.com/post/81568177608

 

 

売り物なのかなぁ。

 

 

 

 

 

保存保存

2度目のギブスは破壊できないようになっている。

息子が手の甲を手術した時のこと。

 
 
親子喧嘩で声を張り上げた母を威嚇しようとしたのか、
 
壁に大きな穴を開けてやろうとくわだて、
 

雄叫びをあげ壁をグーでパンチ。

 

もろい石膏ボードと思ったら裏は鉄骨だったらしく

コブシはあえなく玉砕。(自業自得)

全治3ヶ月とあいなった。

 


手術は日帰り。
 
夜は痛さにもだえ苦しみ、当たり散らす息子(自業自得)を
 
なだめ励まし体をさすり、

 
それからが長かった。

 
季節は夏本番で
 
はじめて着けたギブスは、不便さと暑さと匂いに耐えられず
 
2週間で破壊した息子氏 20years old。
 


ギブスを取ってみたら やっぱりフツーにイタイし、傷口はグロいし
 
手の甲から針金が出てるし。
 
粉砕骨折というやつで 針金で骨を固定する手術でしたん)
 
 

自分のしてしまったことに 多少のヤバさを感じた息子は夜中
 
眠りについたばかりの母をおずおずと起こし「なんとかしてくれ」

 
 
翌朝、まずは予約を入れようと電話したところ、事情を察した看護師さんが

「すぐ来て下さい!!」

急いで病院に向かう。

 
 
手術してからはほぼ自宅に引きこもることになった親子も
 
たまにはNetflixで「オーシャンズ11」を観たおだやかな日もあったが

 
 
せっかくつけてもらった2度目のギブスも10日ほどで我慢ができなくなり

またギブス破壊工作を試みる 息子氏 20years old。
 
 
 
あちら(病院)も今度は素材を変えたのかなんなのか
 
前回成功したペンチや革切りハサミでは全く歯が立たない。

 
 
よく日から病院に「ギブス、外せ」と催促の電話をかけ続け
(息子は私がビックリするようなことを平気でよくする)

電話に出た看護師や医者も
 
「えーっ!まだ無理だよぅ」
 
と 無難にやりとりをしてくださり
 
 
 
やっと通常の予定を1週間繰り上げてもらってギブスを外した息子は

 
 
「あ〜〜風を感じるぅ♪」

と今までの不機嫌さはどこへ行ったのか
 
ごきげんさんで帰り道をカッポする。
 
 

あとで ギブスの取れた右手を出してきて
 
「今までありがとう」
 
握手。
(こんなカワイイところもある子です)
 
 
 

子の災難は親の災難で
 
自己中で横暴でわがままな息子(全部同じ意味w)
 
に振り回されたギブス生活。
 
本当はこんなさらりとしたものではなかったけれど
 
今回もひと山クリア〜と空を見上げたら
 
季節は秋になってたよ ママン。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
-------------------------------------------------
 

f:id:mizuusagi2004:20171002110002j:plain

 

オシャレでカッコいい

泥棒や詐欺師たちがたくさん出演の

スタイリッシュな映画。

 

ブラピがもう、ステキ。

 
 
 
 
 
 

保存保存

映画を観るよりおれは世界を救っている。

私はレザーでタッセル制作をしていた。

 

珍しく息子が「映画観ようぜ」とリビングに来たので

 

 1年に数回の親子水入らずの貴重な時間を逃したくなかったので

 

制作の道具をテレビの前に移動し 手を動かしながら

 

一緒に映画鑑賞。

 

 

選んだのは私 お勧めの「オーシャンズ11

 

この映画のプロットのスゴさについて語る母に息子が

 

「でもほとんど画面見てないよね」

 

私「じーっと見てる時間が勿体無いから、

 

つい何か作りながら(この時はタッセル制作)だよね。

 

見ないけど耳で聞いてる。ラジオみたいなもんだよ」

 

 

 すると息子

 

「映画観てるより作らなきゃ!って使命感みたいなやつ?

 

わかるわかる。

 

オレも映画見ながらモーハン(モンスターハンター

 

しなけりゃ気が済まねーもん。

 

(最近お友達からPSPを譲り受けた)

 

なんていうの、オレが頑張ってこの世界を救わなきゃって感じ。

 

だから母さんとオレではスケールがぜんぜん違うわけ。

 

手作りするのと世界救うのとではぜんぜんスケールがぁー」

 

 

 

 

 

 

とかなんとか いま不愉快なことを言ってる。

美豆兎初めてにして最後の受注製作(わからないけど)

涼しいお盆休みですね〜😊

家人が夏休みとお盆休みをとっておりますが、

息子が利き手を怪我したり(T_T)自宅工房でのバッグの制作に追われ、

なかなか休めない日々を過ごしています。

話は変わりますが、

ショッピングモールiichiさんで扱っている作品を

はじめての受注生産することになりました(今回限り)

江戸染め帯のバンブークラッチバッグを期間限定で受注製作いたします。(今回限りです)

ご注文は8月17日締め切りです。

残りあと2個となります
売り切れました。ありがとうございました。

再出品の要望が多かったので

こちらの江戸染め帯×オイルダコタレザーのバンブークラッチのみ

追加で受注製作を受けさせていただくことにいたしました。

デザインはこちらのシェイプされた細身のタイプと

従来の深さのある容量の大きいタイプのどちらかお選びいただけます。

骨董屋さんで買い求めた江戸染め帯の残りが もうあとわずかなので

(他ではもう手に入らない(^O^;))

2個限定とさせていただきます(早いもの勝ち★)

また来年も、夏のバンブークラッチを制作する予定です。

どうぞお楽しみに。



iichi https://www.iichi.com/shop/mizuusagi

 

f:id:mizuusagi2004:20170812110810j:plain

最近とみに目が悪くなり 文字も画像も大きくなりつつある。