美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

とっても混んでいました 相変わらず大人気のモネ展。

 

 

並ぶの大嫌いな道産子ではありますが

 

北海道に住んでいたときは 一番近い北海道立近代美術館

 

片道146キロ。

 

電車で2時間半。

 

door to door」ですと3時間以上。

 

行けなくもありませんが、往復6時間はちょっとした旅です。

 

覚悟が必要です。

 

 

こんな近くで巨匠の絵を観に行けるなんて、

 

今の境遇に感謝です。

 

 

#ojiと記念撮影。

 

 

カミングアウトします(あっさり)

 

私はおじいさんフェチです。

 

画家が描いた絵より 本人のポートレート集めています。

 

(ポストカードですけど)

 

出典ja.wikipedia.org

見栄えのよいおじいさん、大好きです。

 

そうじゃなくても 味わいのあるおじいさんも大好きです。

 

モネは生きているうちに成功した画家なので

 

ご存命中の写真がかなり残っています。

 

 

 

数年前の話ですが

 

ある美術館で それはそれは素晴らしい

 

モネの絵を堪能。

 

 

いや~~すごいね、感動したよ 興奮したよ

 

なんて友人と口々に言い合いながら出てくると

 

どこの美術館もそうですが

 

ポストカードやクッキーや一筆箋など売っている

 

お土産や(ミュージアムというのかしら)に出るんですよね。

 

 

アタマの中はまだ 巨匠の世界をさまよって興奮気味だから

 

えいやっ!とばかりに図録やらポストカードやら

 

遠い親戚のおばちゃんのことを突如思い出して

 

睡蓮などプリントされたスカーフなんぞ買ってしまうんですね。

 

毎度もれなく美術館トラップにかかります。

 

 

そのとき、数々の品物に埋もれていた

 

モネじーさん人形を見つけて

 

 

「はっ」とさせられました。

 

 

本当に「はっ」としたんです。

 

 

これは出会ったんだと思いました。

 

 

私がモネじーさん人形を手にじーっとしておりましたら

 

近くにやって来た友人が

 

「やめときなよ~~なんでこんなもの買うの。

 

じーさんのぬいぐみなんてすぐ飽きるって」

 

と半ばおかしげに半ばあきれながら 説得されました。

 

(たしかに。

 

おじいさんの人形なんて珍しいから気になるだけで

 

飽きちゃうかもね)

 

と その時は思ったのだけど

 

後ろ髪をひかれつつ帰って来てから

 

なんかやっぱり欲しい。欲しい。欲しい。

 

 

 

それから数年の月日が流れ

 

たまに思い出したり検索したり。

 

 

売り切れのモネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回はゲット!。

 

顔が変わったけど いいもんね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは もう、びっくり。

もくもくと蒸気があがっていました。

人々の行き交う雑踏の音や 慌ただしく立ち働く

労働者たちの息づかいまでも聞こえました。

聞こえます。(2度言う)

 

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

 

2015年9月19日(土) ~ 12月13日(日)

 

http://www.tobikan.jp/exhibition/h27_monet.html

 

 

 

 

 

 

 

上野の美術館の帰りにお勧めは ちょっと贅沢に韻松亭(いんしょうてい)。

 

予約をした方が確実で とても人気のある懐石料理屋さん。

 

昔は裏にお寺の鐘があり、その鐘の音が

 

松の林に反響することから

 

韻松亭と名付けられたそうです。

 

歴史は明治からと古い家屋ですが、とてもモダンで

 

外の景色を見ながらお食事や

 

デートにもお勧めです。

 

 

 

韻松亭

 

http://www.innsyoutei.jp

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館に行ってきました