美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

柿渋染めに挑戦

昨年11月に行われた『さいたま骨董アンティークフェア』で仕入れた

寂びた風合いが魅力の木綿を、柿渋で染めてみる事に。

『臭いの無い柿渋』とネーミングのあった1800円の柿渋を

バケツに3倍程に薄めてベランダに新聞紙を敷き

刷毛で塗って乾かし、数日後また塗って乾かし。

むらなく染められる方法らしいのですが

思った程の良い染色が出ず、少々がっかりしていたところ

デザイナーの友人に『日に当てるがよい』

と聞き、早速南向きのベランダへ日に当ててみました。

夕方取り入れてみると、『ほぅ~』と感心する程

良い色身がでました。

この柿渋は布や繊維を固めて丈夫にしたり、防水力を与える防水剤、

繊維を腐らせないようにする防腐剤等の役目をしてくれます。

トートバッグやポシェット、ポーチにしてみようと思います。