美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

瓢箪から駒です。

気に入らないから 展示の時だけ中に詰め物でもして

販売せず 展示用にしようかしら

と あきらめかけていたバッグを

意を決して 分解。

どうせ1日がかりだから

DVD(ツインピークス)でも見ながらしましょうか。

と 腹をくくったのだが。

持ち手をもともと チェーンを通そうか

それとも 細身に切った革を通そうか

悩んでいたのですが

どちらも気にいらない。。。

いろいろ試していたら。。

おっ!いい感じ。

で なんと

一石二鳥の素晴らしいひらめきがおりました。

神様っているんですね。

たまにいいこと教えてくれます。

持ち手を工夫したおかげで

ボディがふっくら立ち上がり

張りのある

イメージしていた美姿になりました。

なんだかんだと言いながら ここ数日

ず~っと気になっていましたから。

それにしても 持ち手だけは

いつも 最後まで悩みます。

最初にデザイン画を描きますが

作りながらどんどん変更になります。

制作が進んでいくと こっちよりあっちのほうが

よりかっこいいぞ。

となれば変えていくので

当初のデザインから少々かけ離れた物が

出来上がります。

いつもボディを見て 似合うように持ち手も決めていますが

悩みます。

今回は自分でも

「キター!!!」

て感じで ひらめきの神様 ありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お父さん仕様の息子のお弁当。