美豆兎の備忘録

自宅工房でカバンを制作しながら、ベランダ猫の世話やカメラ、ヨガや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

そして結局こうなった。

おパンツバッグを やはり可愛いので残したい。

サイズは5歳児パンツにして、ペンケースにしましょう

と アダルティ部門はバッサリ切り捨て。

でも 中心となる作品が欲しい。

なぜなら今回グループ展でご一緒する 

家具作家の小田氏が、美豆兎の鞄を掛ける

高さ150cmほどの鞄掛けを作って下さるからだ。

こんなに時間が迫ってくると

自分の得意で好きなものを作らなければ間に合わない。

う~っむ、う~っむ

と考えて考えて 寝ないで考えて

” 大人も持ちたくなるような、子どものカバンってどうだろう!”

見た目は大人っぽいトート。

中はブリブリで可愛らしい。

サイズは小さく、でも作りは大人の持つカバンと

全く同じ作りでしっかりとしたもの。

親子お揃いで持てるように

大きいトートも同じデザインで作ってみよう。

と。

しっかりしたカバンを作るのは、私の得意。

シンプルなデザインが好きだし

対象年齢も10歳以上と見積もれば

間違いない。

生地やパーツを買いに走り

ゆっくり吟味し帰宅。

久しぶりにホッとした夜をすごす。