読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美豆兎の備忘録

かばん作家を休業してベランダ猫の世話やカメラ、ウェブデザインや彫刻、サムタイム骨董のお呑気ブログです。

大宮ディープ

卓球のラバーを取り替えるため

息子の案内で『大宮卓球』へ行って参りました。

息子は卓球部の1年生です。

彼が言うことには

「大宮卓球は移動するんだ。あちこち場所が変わるんだよっ。」

との事。

お友達から そう聞いたそうです。

(ふ~ん)

「行くたびに場所が移動するんだって。

今日行っても

移動して違う場所にあるかもしれない」

(そんな訳無いだろ)

と 彼に付いて行きました。

大宮駅の西口はきれいに整備された場所ですが

裏の方へまいりますと まだ昭和のかおりが残っている

路地やちょっと怪しい雰囲気がそこかしこに。

そんな古~いビルの一角に『大宮卓球』はありました。

古いせいか、エレベーターは煙草のヤニ臭く

蛍光灯の灯りも白々と寂しい雰囲気です。

指し示された4階までエレベーターで昇って行きました。

ところが あるはずの『大宮卓球』は

すでに『がらーん』と 何も無い。

でもつい最近まで そこで営業していた跡が残っておりました。

(移動した後??)

「ほら!やっぱり。こうやって移動をくり返すんだよ」

と興奮した息子。

ちょっと寒くなりました。

でもなぜ?なんのために?

(これって 軽犯罪のにおい?)

息子は諦めきれずに 通りのビルのテナントを渡り歩き

ここじゃない、ここは違う

をくり返していました。

移動したのなら と探しているようです。

(どーしましょ)

しょうがないので 再度

もともとあった場所に戻ってみると

(あっ!)

張り紙が。

よくよく見てみると

『大宮卓球はこちらに移転いたしました』

そして地図。

(えっ?)

息子が

「ほらー!やっぱり移動してる!!移動してるよっ!」

と 興奮しています。

(移転だよ)

真新しいビルに

息子に言わせると移動した 

なんの不思議もない 清潔感一杯で公明正大な

大宮卓球にたどり着くことができました。

一応 聞いてみました。

『また 移動したりするんですか?』

『いいえ』

即答でした。

友達から聞いた、移転を移動と勘違いしたのでしょうが

想像逞しい息子。

そういえば 1週間前から家人に

しょっちゅう移動する 不思議な

大宮卓球の怪を説いておりました。

あぶなく『都市伝説』になるところでした。

私がビビったので 一応

『大宮 ディープ』

と命名。

大宮卓球

住所 : 埼玉県さいたま市 大宮区桜木町2丁目 5-9

TEL: 048-644-6158

紳士服のコナカを目印に その一区画の周りをぐるりと歩くと

丁度対角線上のビルにあります。